×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「嬉し涙」





もやもやとした気持ちは
そう簡単には晴れないんだ
世界に自分は一人きりだって
僕ら何度思っただろうね




それでも上を向こうとこらえ
悟られまいと笑顔振りまいて
その事を責められても嘘でも
もう何も感じない




現実をしっかりと踏みしめすぎて
声を届ける気もしない




それでも伝えようとするのは
この孤独感にいたたまれなくなっている
たったひとつの心を
少しでも癒せればいいと思ったから




心って  どんなに叫んでも
決して声が枯れる事のない
強靭なものだってこと
初めて気づいたね




喉は枯れてしまえば
叫びは止まるのに
心は枯れる事がないから
叫びは止まらない




何年というスパンじゃ癒えないほどの傷
埋められやしないかもしれない
これだけじゃ でも
たとえ持ち合せの嘆きでも
少しでもあなたの嘆きに近づけたなら
触れられたなら




その触れた場所から
今度は嬉し涙
あふれてくると信じてるんだ