×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「thorny path」





私に抱かれていれば怖くはない、と
苦しみに言われるがまま
枕を涙で濡らした私を
あなたは
弱いと思うのでしょうか


愚かになれないという事は
何と悲しい


さんざん迷った挙句(あげく)
僕が身を委(ゆだ)ねたのは
希望という絶望を超える苦痛


自分の道は自らの前にしかなく
隣の誰かの道を
歩く訳にはいかない


他を羨(うらや)んだところで
何も変わらないのなら
どんなに険しくとも
自分の道を行こう


誰かの代わりに
歩んでもらう訳にもいかないんだから
茨(いばら)で頬を切りながら
進むしかない


これを悲しみと呼ぶのか
運命と呼ぶのか
僕に委ねられているのなら
僕はこれを使命と呼ぼう