×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「solitary」







君の前で演じきれただろうか
本当は今も背に注がれるその視線さえ
貪り尽くしたいほどだというのに 俺は


抑えていた人としての温もりが
堰を切ったように涙となり頬を伝う
今 泣いている事を
君は知らない


一滴も流れなかった涙が
こうして今は感情を表す
この時壊れた音がした 心が


悪夢にうなされ目を覚ます
あの日がいつまでも付きまとい
離れようとしない
それとも離そうとしないのは
俺の方だろうか


涙できる場所をなくしてから
何年になるかな
過去に身を預け目を閉じ浮かべる微笑みが
自嘲なのか悲しみからなのか
俺自身も知らない


ただ空虚を噛み潰していることだけは
確かだった


この身はただ君だけのものだった 今も