×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「涙の行方」



君はその涙の行方を知っているか
思えば僕ら 自分の流した涙が
どこに行くのかも知らないままで
暮らし続けている


そりゃ 自分がどこからやって来て
どこへ向かえばいいのか
分からないはずだよ


どの命にもある
ある命にはあり
この命にはない、なんてことはない
絶対に


そういう意味では平等だ


すべてを型にはめて一緒にする事や
言い訳をする事が平等な訳はない


「だって 実際平等じゃないじゃん」
君のそんな声 聞こえるよ


答えだけ言っておくとね
「違う」という事実を
讃(たた)える事ができるという事
これが複雑な迷路を
明快にするカギ


あの心に刺さった差別という名の矢を
引っこ抜く力が君にもあり
何もできないんだ、と
謙遜する気も起きない時代を
今 一緒に作ってるんだ


自覚はなくても
マスで考えるから
余計に分からなくなる


一人の人間を
じっと見つめればすべて見えてくるのに


ただ一人の人間を見つめるという事は
とても勇気にいる事だから
自分にはそうする力があるんだと
君には知っていて欲しい


いつまでも人の痛みを知る君でいてよ
僕もあの悔しさを忘れないままでいるから


自分で自分を決してあきらめない君でいてよ
僕も自分をあきらめないから


現実と対等にわたりあい
現実という言い訳に逃げない


生の声に突き動かされれる
そんな風でいよう
僕と君だけは


一人の事も幸せにできずに
今までやってきたすべての意味が
どこにある?