×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「葛藤」






気を抜くといつも君の事を思っている
遠い彼方の追憶にだけ住む君


何度自らの手を憎らしげに睨んだ事だろう
涙など流したところで
君がいない現実は変わりはしなかったんだ


ならばこの手で、変えてやる
自分の生きる世界を


悔しさがあったから強くなれた
悲しみがあったからここまで来れた


人はそれ以上を望むけど
それはただ僕以上の事を望んでいるだけ
ギリギリの体で絶えず耐えてきた事実を
自分が一番知っていた


同じ傷を受け
全く同じだけの罪の意識に駆られてなお
君が もしも僕以上になれるというのなら
見せてごらんよ
この深淵のこびりついた瞳に


「間違っていない」と
自分だけは
自分の味方になってあげなくてどうする