×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「幻影」




彼らは自分の行く末をまだ知らない

自分達は赤い絨毯の上を歩いていると

思い込んでいるけど

それはただの幻影に過ぎない


その道の真実の姿は

草一本生えない砂漠

つく人を間違えばどうなるか

いい見本のようなもの



本当の不幸とは

自分が不幸だと感じられないほどに

おちぶれる事を言う



定まらない自分の心を

師と仰(あお)いでしまったから

間違った道に進んで転んだ



しかも転んだ事にさえ気づかず笑っている

どこのだれから見てみたって

あわれな姿という他ない



僕はいつでも真実を書き残す

批評と取るのもいいだろう



だが そんなものとは次元が違う



本当は何一つ分かっていないまま

純粋さという目をふさいだまま歩く彼らは

見えていても 何も見えてはいない

敗北の途につく遊牧民さ