×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「薔薇の棘」







痛みでしか和らがないものがある事を
君は知っているか


刺さるのはいつも薔薇の棘よりも
心の中から消える事のない君の笑み


俺の心の中をいつも紅に染めるのは
未来を生きない過去を責める言葉ではなく
俺を一度も責める事のなかった君の声


果てたいのに果てきれない
この悲しみを君が雨に変えているのだろうか


だけど これから出会う
君を通した温もりは
傷ではなく 
果てた先にある悦びだと感じられるといい


もうとっくに自分など捨てているから
ただ君が笑顔でいてくれるようにという
思いだけのために


この体を 心を
傾けていく いつだって


君が僕を囚われの身にしたのではなく
僕が君を囚われの身にしていた


ただ それだけだったという事実を
いつになったら受け止められるだろうか