自分を隠すこと

それがいつの間にか当たり前になりすぎて

苦痛でさえなくなっていたんだ



この欠落と引き換えに得たものとは――

そんな事にふと思いめぐらす



見つけた答えは

君を見つめて君を生きられる

君さえもまだ気付いていない君に

気付いてしまうということ



本人よりも本人のことを

知ってしまうこと

それは鏡の宿命とはいえ

時に悲しすぎて

思いもよらぬ結末を生む事さえあるから



それに耐えられたのも

最高の手本に出会えたから

鏡は強く美しいものに向ければ

それを映しだすもの



その固定が僕をいつも守ってくれていた



この場を立ち去ったものたちは

秋の木の葉のように舞い

怖くて逃げていった



僕に向かう時

君は鏡に向かう

ひたすら逃げるのも

顔を背けながら立ち向かうのも



それは自由だ――






×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。