×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。











ぶつかるたびに摩擦により

飛び散る火花が好きだから




冷たい視線と僕の心が

たとえ衝突を繰り返しても

避ける事を選ばないまま

またそれを繰り返す




そこに痛みは もはや生まれない

ただ空虚が残るばかり

でもその空虚が澄みはじめたとたん

そこに散る火花が眩しくて

その姿にだけ

目を奪われるようになっていたんだ




きっとその日から

ぶつかる事も少しは愛せるようになった

人の中に飛び込む事に価値を感じられた




傷ついて強くなるとか

他の人の話を聞いて

視野が広がるとかはわからない




ただその火花の散る風景を見ていたい




ずっとずっと見ていたい