たとえば手塩にかけて育ててきたそれが

反逆の牙を向けてきたとしたら



君ならどうする?



悔しいそぶり一つ見せずに

その場を去らなければならなかったその心中を

どこまで分かるものだろうか



時を創るための勇気ある休戦は

想像を絶するほどの決意と信念の賜物(たまもの)



その背が静かに語るもの

それは復讐なんて言葉じゃ足りない



強く握った悔しき拳(こぶし)には

僕らの前途が懸かっていた



開始の合図が鳴り響く時

闇を光で洗い流す予断の許されない戦いが始まる



傷ついたのなら その傷痕さえ

美しいものだと讃えてしまえばいい



痛みなんて 

生まれない方がいいのが前提

そんなの当たり前



ただ 痛みを避けても避けきれずに

不意に負ってしまう傷が人生には常なら



美しいと讃えるしか

ここに立っていられないじゃない

そういう事を言っているの



立ち止まるという名の後退はしない

君の「助けて」が今日も聞こえるから






×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。