まるでそれは通る先の針を

見つけられずに彷徨っている糸




自分がやっている事の

重大さに気付けないという事は

こんなにも愚かで

こんなにも悲しき事




哀れという言葉はきっと

こんな時に使うために生まれたのだろう




紅い瞳に映る春景の兆しは

この眼に映っても 

あの眼差しには映らない





なぜ こんなにもひどい……





絶句という言葉のみが

空気を漂うばかりだった





厳しさはやがてすべてを淘汰して

冬を乗り越えた桜だけの

花を咲かせていくのだろう





口先ばかりのあんなままじゃ

見るに堪えない 無知を悼むほど

無知に埋もれていくようで





傲慢の雪の中に埋もれたきり 

花を咲かせる事の出来ない花もある事が

厳しい現実なら

その現実を受け入れる強さを





僕に……







×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。