今は誰ひとり

立ち入らないこの場所に

一枚の砕け散った鏡がある






まだ破片が辺りに残るけど

思いきってその近くに踏み出すと

靴の下で静かに砕ける音がした








君の心の音がした








自分の座っていた椅子を 

この鏡に投げつけた君は

今 抜け殻となって

どうやって生きているのだろう







今聞きたい








君も同じように 

傷ついたりしたのだろうか





それともまるで 

何事もなかったかのように

日常を送るのだろうか






正常じゃないことが確かなら

理由が涙か孤独かなんて

そんな物は関係がない






自分の心はおろか 

人の心なんて知る由もないけど 

泣いて暮らせばいい






君がその手でつかんだ結論が

悲しみで狂うことだったのなら






その選択を誰も退ける事ができないのなら










見届けるしかない









激昂によって割れた鏡は痛々しく

きらきら月光に照らされていた








数千年前のその出来事を追憶するように







でも 今じゃそれは 

墓碑を指でなぞる事と

同じくらいに虚しいこと








無音の中で絶唱するように

堰を切って泣く君の

ひざを折る後ろ姿は

誰の心にも刻まれる事なく

歴史の一ページを静かにめくった





×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。