×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「背中」






あの小さな震える背中を忘れない

ずっと心の中に焼きついている風景

僕の一番大切な人の大切な人が

涙する姿



あの涙を僕は忘れない

悲しませる奴を絶対に許さない

そう怒りに震えた時から

あなたの体験は

僕の体験として残った



記憶よりも強烈に呼び覚まされる

香りのようなもので

いつも心のどこかにそれはあり

まるで 体に直接刻んだかのように

背負っている



大切な人を泣かせない

そこに理由云々以前の真っすぐな 

人としての気持ちがある



泣いてほしくない

たったそれだけなのに



なぜこんなにもいじめるのか

守るためなら本気になるよ

僕は痛くてもいい

君の痛みがなくなるのなら



こんな事を言うと君は

そんなのだめだ、というけれど――



笑ってほしいと思うから

僕はいつも君の前で

笑顔絶やさない