×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「連日の報道映像で心を痛めている方へ」




映像の刺激

心が痛んでるんじゃないか?

心を痛める君の優しさは

必ず届いているから

だから 守りたい人のために

君自身を大切にして



今は批判をする時じゃない

批判なら後でいくらでもできる

そんな時間はもう一刻も残ってない



今は心を少しでも軽くする時

息が詰まってしまいそうなら

無理にでも情報を遮断して

心が病んじゃなんにもならない



自分の身を守る勇気と

誰かのために動ける勇気

誰かを思い心痛める事のできる慈悲



どれが一番大事かなんて そんな質問

滑稽なだけさ



自分のできる事を精一杯する

働けるものは働き

食べられるものは食べ

動けるように動いてく

自分の使命に生き抜いていく



それを自分を責めるための理由に

使わないであげてよ

君が倒れちゃなんにもならない



ジタバタしたい気持ちも分かる

実際ジタバタしてしまってる 僕も

だけど僕らには祈る事ができる

何にも出来ないなんて事はない



祈る事ができる

そうだろう?みんな



冷静に動くという事が

こんなにも難しいと感じた事はない

心を今も大変な状況な方達に飛ばしていれば

責める理由なんて一つもない



君はどんなに小さく思えても

行動をした



その事実は一生消える事はないから



涙を流した心に残ったまま

その行動は その宝石は

刻みつけられるものだから



自分を責めないで

それでも自分を責めてしまうなら

一番泣きたいはずの人が

強く生きようとしている事実に

耳を澄ますんだ