×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「名残」







星空がやけに目に染みたんだ


泣く事は許されないのだけれど
うつむけば輝きは見えず
上を見上げればいつも光っている


結局僕次第なのか、と
星に教えられた


目まぐるしく過ぎていく日常で
足を止めることは勇気がいるけど


星よ
君と語らう時間くらいは
取りたいと願うよ


後回しにしてばかりじゃ
いつまで経っても後回しなんだろうな
きっと


星よ
君はもしかしたら
当の昔に消えていて
その光は君が生きていた頃の
名残なのかもしれないね


だけど 泣かない
今度は僕が君を照らすから


その光は確かにこの心の中に
灯(とも)ったから