×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「Don't resign」





苦しくても笑うようにしてきた今までは

決して悲しくはない

優しくても何の利益も価値も与えない同情が

一番嫌なものだったね

それは今も変わらないのだけれど



苦しくても

最後に勝てればそれでいいと

そう思ってきた

今 嬉しくても

最後に自分が悲しいなんて嫌だと思ったの

その選択は間違いじゃなかったね



人は簡単に人を傷つけ

簡単に他人を他人だと思うけど

人は簡単に人を元気づけ

簡単に他人を自分だと思う生き物でもあるから

誰が諦めても

人というものを諦めない



そうやって泣きたい気持ちでしぼりだす笑顔は

確かに大切な者を勇気づける

でも それだけじゃやだよ

犠牲という言葉を使った現実は

もう粉々に砕けたから 壊れたから



もう犠牲者のいらない

そんな信じられないような時代が

すぐ側までやってきているんだ

その槌音が聞こえるだろう



君になら