×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








澄んだ空気を纏うことができるのは

冬の限られた時間の中だけなのか

それとも……





まだ眠りから覚めない桜の木は

止まっているように見えて

本当は目覚めへと向かって

今日も朝昼夜を過ごしている





その姿を思い浮かべるだけで

こんなにも励まされるのは

寒さのせいかな





僕はなぜか満開の桜よりも

今の眠りから覚める直前の

強さを放つ木々の空気の方が好きなんだ





寒さに負けないことは

何事にも負けない事に

繋がっているような気がして

見ているだけで励まされてる





葉一つさえ残さない枝に

雪の蕾を咲かせている今の桜は

白い花びらなら今の方が

満開なのかもしれないと





そんな たくさんの視点と方向を

思い知らされてるんだ