×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








タイミングを計ったかのように満開の桃

知らぬふりして きっと

あの桃の花は知っていたんだ




今日がひな祭りだということを

3月3日の桃の節句だという事を




そう名付けたのさえ

人と見せかけて実は

季節そのものなのかもしれない




毎年飾る雛人形を見つめる気持ちも

時が経つにつれ 子供の時分よりかは

やや複雑になることに

自分自身戸惑ったりした




それでも飾りたいと駆り立てられるのは

やっぱり何か大切なものも

得られる気がするからかな




毎年いつでも変わらないものの一つに

この人形も 数えられる事に気付いた




ただ無邪気だった事のひな祭りも

ちょっぴり懐かしい気もするけど

色々世の中の事を知ってしまった後のひな祭りも 

けっこう悪くない




この冬から春の節目を

春の訪れを告げる行事を

君ならどう過ごしますか




せめて心だけでもお祝いの気持ちを込めたなら

何かを得られるはず




幸福の種を植えるチャンスに

春への準備を始めよう

幸せはそんなに簡単なものなのか?と

みんなは言うけど

僕は日本を感じる事を

3月3日を大切にしたい




新たな気持ちを創った後に

自分にも春が来る事を知る




お内裏様(おだいりさま)と

お雛様にも色々あるさ、と

どこか現実を重ねてしまうけど

それを引き剥がし

花咲き果(このみ)なる未来が来る事を

心から信じられた




この時代にも光がある事を

信じる事ができた




そんな華やかで優しい桃の節句に

この詩(うた)を