「君の瞳」



 




「悲しんでどうな?痢廚箸いΩ斥佞




ムキになって腕を掴んだ君の瞳は




決して間違ってなんかいない