×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








 



激しさを託すのは









しとしとと静かな雨なんかじゃなく









いくら降っても降り足らないほどの









雨の熾烈さ この手で表現しきれない









音律をいともたやすく表してしまう









はがゆい(歯がゆい)思いも少しは和らぐでしょう









なんでも見えすぎる事も時に辛く









ぜんぜん(全然)なに一つさえ



  いっそ分からなければとさえ考える









こんな自分だけれど いざ見失うかもと思うと こ









んなにも自分らしさを求めている









なにも見えないままの方が楽かもしれない ただ











にげだしたくない たとえすべてが見え過ぎても









もっと大切なことは その苦しみでさえ



 逃げられない 守りたい自分らしさだということ



































こうしたいというものに未だ届かない気がして









のちの事にまで気が回らず ただもどかしいだけ









心が僕以上に僕を知り導くというなら その声









を素直に聞き入れてみたいと思う









癒されそうにない悔しさや複雑の渦も









すべてが自分のためだったと



  心から言える日が来る事を信じて





















*





















これは2月18日、19日の



雨水(うすい:二十四節気の一つ)



をイメージした詩です。