×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








 



劣等感にさいなまれては









のこる(残る)自分のどこかの疑問符









中枢の感覚をわざと鈍らせては









のみ(飲み)こんでいた









極めて先の見通しづらい景色に









劣っていると植え込まれては









にっこり笑う その光景は









なんて残酷な「時」の産物









どこから不遜(ふそん)が降り注いだって









負けずに打ち崩していけばいい









けっきょく(結局)悔しい思いをするなら









るり(瑠璃)の自分を失う事だけはしないで









訳などいらない









にげず(逃げず)に戦い続ける事に









はろう(波浪)を乗り越えて前進し続ける事に









いったい(一体)どんな理由がいるというの?









かんがえずとも(考えずとも)分かるはず









なくしちゃいけないものがあること









いらないものと必要なもの









とうてつ(透徹)した眼で選び取る力が









心にはあるから そう 誰の心にも









はきけ(吐き気)がするほど成り下がらずに









言葉達を心で使い続ける事は









つかれた(疲れた)としても 何かを守ることだから









たいせつ(大切)なものを守ることだからさ