×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








 

声を上げて叫ぶそれは









はやぶさ(隼)の如く するどい刃



























その響きいかんで









の(伸)ばす生命と短き生命









声色一つで左右する









は(吐)き残したものはないか









かいこん(悔恨)の言葉を吐くなら吐け









き(消)えゆく者の儚さは









消えてしまえば何にもならない 



   美しさの足元にも及ばず









さよならを透明に残すだけ









れい(礼)を言われる筋合いはない ただあちらが









るーる(ルール)を逸脱して足を踏み外し 落ちた









たいてん(退転)と後退こそが









め(目)には見えない世の中でもっとも忌むべき









のろまな邪魔者









もっと楽しませてくれるかと









のんびり待つのも もう飽きた









なにかをこのペン1本で下にも上にも  れ









んごく(煉獄)にも天国にもできる運命があるなら









か(変)えられるものが世界だとしたなら









じぶん(自分)より大きな力を借りて









やるしかないんだ 運命の駆け引き









なくなってしまうのか 



  かろうじて生き残るのか それは









いつだってこのペン一本にかかっている