×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








 

冬だけに見える結晶が









のこす(残す)音とは









今だけ聞こえるきらきらした雪









だいち(大地)はすべてを受け止めて









かすめた(掠めた)風にも揺らがないまま









らいめい(雷鳴)にさえ怯えない









この場にいること









その事に意味を感じては 忘れかけた









感動を呼び覚ましていく









じぶん(自分)に向けての「負けないでね」を









るーじゅ(ルージュ)に重ねて









この胸に響かせる









とおく(遠く)心の果てまでも









のこり(残り)続けていくようにと









でこれーしょん(デコレーション)だけの



             偽物だけじゃ









きこえない(聴こえない)音楽があること 



              モノマネの









るつぼ(坩堝)の中じゃ気づく事もない きっと









春が来たって気づけないんだろう









がまん(我慢)を続けて努力したものだけが









ありのままの宇宙(そら)を知ることができるもの









るる(縷縷)とした光の景色は中途半端な志に



 見る事なんて決してできやしないのは



 厳然とした固き真実















*





















縷縷(るる):細く長くとぎれることなく続くさま。