×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








 





言葉が誓いのために存在するなら その









葉の力はやがて一面を緑と化すのだろう









はがゆい思いで重ねる地道を









言葉が裏切ることがないのなら









葉の力は未来に現実へと変わるだろう









とろ(吐露)する思いは人に見せずとも深く深い









いろ(色)をたくわえるのなら 



    使い先は誰かのために









うみだす(生みだす)音はどこか響くものに









声なき声は言葉へと変わり









でんげき(電撃)の如く 力を持つ









あしき(悪しき)毒はもはや意味のないもの









るてん(流転)の中で



   弱さから弱さへとはまるだけと知った今なら









限界が近いことも分かりやすい









りかい(理解)の糸口とは その世界の逆は



   誓いをもはや知ってしまった今だと知ること





































何よりも強いものが言葉だったと知った時









ようやく何かが分かった気がした









りはーさる(リハーサル)の時間は



        もう終わったんだ









強くなれる理由をその事に見つけた僕は









いつものように またいつもと違う風に









最大の力をもって声を打ちこむ









大きな力は誰にでもあることを









のれん(暖簾)に腕押しだという言葉でさえ



            何の意味を持つというのだろう











武器は光を打ち立てる力









器の中いっぱいの涙を そのまま



      光の雫へと変える事のできる現実を伝える